前回の続きです。

日常会話は難しいという話をしました。

http://bijablog.hatenablog.com/entry/2014/02/02/191627

 

僕も日常会話は死ぬまで磨き続けないといけないなと

思っております。。。

一応海外経験あるんでコミュニケーションは問題ないですが、

コミュニケーションの深さはその人の教養に比例しますからね。

 

それに比べて、すいませんビジネス英語はめちゃ簡単です。笑

以下につらつら書いていきます。

 

 

まず、使う単語が限られてることですね。

日本語で仕事してるとなかなか気づかないと思いますが、

英語および外国語で仕事し始めるとかなり実感出来るかと思います。

外国人のパートナーとコミュニケーションするときなんて、

決まった単語しか使いません。

 

業種によって差があるんで一概には言えないですが、

いくつかあるお決まりの専門用語とかを暗記して、

片言でもいいからセンテンスを作れる能力があれば、

最低限のコミュニケーションは取れます。

 

僕は新卒で会社入って去年から海外と仕事やってますが、

頻出単語覚えてからコミュニケーションがずっと

楽になりました。

というより、最初は仕事の内容全くなにもわからなかったので

会話が意味不明でしたね。笑

 

もともと英語話せるということでミーティングとか出てましたが、

最初はマジで意味不明だったので何回も聞き返したりしてました。

 

今は海外のパートナーと対等に話せますよ。

別に業務外で時間作って専門用語覚える作業とかもゼロです。

だって仕事中にイヤというほど単語見せられますからね。笑

メールとか電話で何十回も出てくればそりゃあもう。。。

放っとけば勝手に覚えます。

 

なので、学生時代に暗記が苦手だった方も心配なしです。

一生懸命仕事してれば脳みそが勝手に記憶します。

 

あと、ビジネス英語は極端なこと言うと教養の深さとか

あんま必要ないですね。

より深くコミュニケーション取るならあった方がいいですが、

業務を進めるだけなら全く必要ありません。

 

とりあえず、

 

1.業務に関して知識を持っていること

2.専門用語を暗記していること

 

この2点あれば全く問題ありません。

1は普通に仕事していれば身に付きますし、

2は海外と仕事し始めたら自然に身に付きます。

 

特別な努力なんかしなくてもビジネス英語って

話せるようになるんですよね。

最低限文法の知識とかはあった方が良いですが、

それを差し引いても日常英会話の何千倍も

イージーモードだと思います。

 

本当これからの時代は英語なんかできて当然に

なっていく流れになると思います。

最低限英語でビジネスは回すスキルをつけて、

価値を生み出せるようにしておかないとヤバいと思ってます。

 

ビジネス英語は簡単です。さくっとやっちゃいましょう。