よくよく考えたら、久々の写真集レビューなんですが・・・
今日紹介する写真集は「磯山さやか ISO」です!!


磯山さやか ISO (Gakken Mook BOMB SPECIAL EDITION)


磯山さやか ISO (Gakken Mook BOMB SPECIAL EDITION)





作品紹介

8月6日に発売されたグラビアアイドル磯山さやかの最新写真集。

今回はBOMB特別編集で、最新の撮り下ろしグラビアから、

フォトグラビア・アンソロジーと題して2003年から2008年までのグラビアや、

デビュー10周年を迎えた磯山さやかのインタビューなども掲載されており、

まさに「磯山さやかメモリアル」といった内容となっている。



本のサイズこそひとまわり小さいが、130ページ(約1cm)の分厚さと、

収録時間70分強のDVDまでついて、1980円とお値打ち感もあり!!

いそっちのグラマラスボディーに魅せられた方だったら、

是非おさえておきたい一冊といえる。





萌えポイント

グラビアアイドルとして10年・・・

まあグラビアっていう仕事については色んな見方があるんだろうけど、

10年間、常に「人に見られる」という事を意識し、

(途中コアリズムとかもあったけど)体型をずっと維持している、

磯山さやかさんのプロ根性に敬意を表したいです。

特に、自分自身の長所は巨乳とややぽっちゃりした体型ってのもわかった上で、

10年間戦ってきたわけだから、もはや職人芸みたいなもんですよ(笑)



・・・と、そこまで仰々しくすると落ち着いて楽しめないと思うんで、

10年の重みというのを頭の片隅においててほしいなぁと思いつつ・・・





ここから本題に入っていきますが、BOMB特別編集というだけあって、

2003年からのグラビアがずっと掲載されているんで、

まあ若干新鮮味はないのかもしれないけど、

磯山さやかさんの歴史が、グラビア見ててもなんとなく伝わってきます。

特に2003年のグラビアなんかはやっぱり肌の質感から若いと思うし、

ピチピチというよりむっちむちなんですよね(笑)



で、本作の主力は2003-2006のアンソロジーなんだけど、

その頃ってグラビアアイドル戦国時代みたいな時期だったから、

(その後、アッキーナ⇒AKB48と移り変わるわけだけど・・・)

それこそ熊田曜子がいてほしのあき、小倉優子、山本梓・・・

さらにはヌードになった小向美奈子や佐藤寛子もいる中で、

第一線で活躍してきたわけだから、

この頃の磯山さやかさんの輝きは段違いだと思います。



ただ、その頃は幼さであったりそこからイケイケな感じになっていくんで、

かわいらしさから、「どうだ」って感じのカットが多かったりします。



そこから少しずつ落ち着いてくるのが後半のアンソロジーで、

2006-2008はどんどん女性らしく磨かれていって、

前半の現在の撮り下ろしグラビアに繋がっていくわけですが・・・

10年スパンだと、こうして女性はキレイになっていくんだなぁっていう、

変化を感じ取れるのもこの作品の面白さだと思います。





最後に磯山さやかさんの魅力についてですが・・・

もちろん、ちょいむっちりしたボディーも素晴らしいと思うんですが、

なんとなく気の強さを感じさせる唇と、

大きいんだけど左右で不揃いな目が好きですね。

(いそっちの場合、左目が若干細く見える写真が多かったりします。)





残念ポイント

ないといえばないんだけど、

アンソロジー2003-2006の占める割合がかなり多くて懐かしさが強かったから、

2006-2008の割合がもう少し多ければ、もうちょいバランスとれた気がします。



あとは・・・萌えポイントで「女性らしく磨かれて」と書いたんですが、

なぜかいやらしさが全然ないんですよね(笑)

逆に2003年の無防備な表情にドキっとさせられるぐらいで、

磯山さやかさんが女性らしくなればなるほど、

エロ要素はどんどんスポイルされていってる感じすらします。

その辺をどうとるかは・・・見る人次第でしょうね。



インタビューでは婚活の事なんかも語っていたけど、

逆に恋をすればさらに磨かれる要素もあるような気がするんで、

さらなる伸びシロにも期待したいですね♪





磯山さやか ISO (Gakken Mook BOMB SPECIAL EDITION)
磯山さやか ISO (Gakken Mook BOMB SPECIAL EDITION)


BOMB編集部



学習研究社 2010-08-06

売り上げランキング : 208



Amazonで詳しく見る